shoishoi のすべての投稿

え?食事中に水を多く飲むのはいけないことなの?

今、水ダイエットが話題を集めています。
コストをかけずに手軽に効果的なダイエットが行えるのも水ダイエットの魅力です。
また、ダイエット効果を実感することができるだけでなく、美容や健康効果が抜群なのも嬉しい点です。
水ダイエットは、ダイエット効果のほかに血行促進や疲労回復、便秘解消などの嬉しい効果を同時に実感することが可能です。
食前に常温の水を焼く500ml飲むことで高いダイエット効果を実感することができますが、食前に飲むことによって食べる量をセーブできるなどのメリットがあります。
また、血の流れが良くなることから、女性の多くの悩みでもある冷え性を効果的に改善することもできるでしょう。
疲れが溜まってしまうと乳酸が多く出てしまいますが、水を飲むことによって乳酸を取る効果を期待できます。
その為、疲労回復にもうってつけです。

しかし、水を食前や食事中に飲むときには、注意点がいくつかあります。
まず、決まった量をきちんと守り飲むことです。
きめられた以上の量を飲んでしまうと逆に食欲が増してしまうなどのデメリットもあるので要注意です。
また、飲み過ぎると疲れやすくなってしまったり、栄養が偏ってしまうトラブルも考えられます。
栄養が偏ってしまうとリバウンドの可能性も否定できない為、やはり飲む量をきちんと守るようにしましょう。
さらに、飲み過ぎると女性の大敵でもあるむくみなどのトラブルに見舞われてしまうこともあります。

食事中に飲む量は、約500mlが目安です。
多くても1日に2リットルほどの量で抑えるようにしましょう。
また、高いダイエット効果を得たくて食事中に水を飲むのであれば、炭酸水などがおすすめです。
食前や食事中に飲むことによって、満腹感を得ることが可能です。
少しの量の食事でも十分に満腹感を感じることができるため、ダイエット効果が抜群です。
しかし、その際にも飲む量をきちんと守るようにして実践することが重要です。

ありがとうの気持ちで女子力アップ

誰かに何かをしてもらったとき、「 すみません 」と言うのか、「 ありがとう 」と言うのかで相手に合わせる印象が全く違うことは知っていますか?「 すみません 」と言う言葉を自分で言うとあまり実感はありませんが、相手に言われる場合、すみませんといわれるより、ありがとう!と言われるほうが、断然気持ちがいいものです。私が相手に何かをしてもらったとき、すいませんと言われれば、こちらも申し訳ない気分になってきますし、ありがとう!と言われれば、素直にうれしい気持ちになります。すいませんや、ありがとうという言葉は、無意識のうちに発する言葉だと思いますので、日ごろからすいませんと発することが多い方は、何かしてもらったときに発する言葉を「 ありがとう 」にシフトチェンジしてみてはどうでしょうか。相手を傷つけてしまったときなどは、「 すみません」 という言葉が必要になりますが、それ以外の感謝のシチュエーションでは、なるべく「ありがとう」 という言葉を伝えるようにしましょう。すみませんより、ありがとうといわれて心地いいのは、統計的に見てもはっきりしています。ひごろから「 すみません 」を連発している人は、なんだか暗い印象を与えてしまいかねません。女子力アップには、ポジティブな発言が重要になるのです。

バッグの中身で女子力を測る!

いつも使っているバッグにはどんなアイテムが入っていますか。普段使い、お出かけのとき、仕事用、フォーマル用など、TPOに合わせて持つバッグもかえることと思いますが、いつも持ち歩くものってあると思います。バッグの中身一つでも、いざと言うときに、女子力を試される場面があります。外出するときには、出先でトイレに入ることもありますし、急なアクシデントで、洋服が汚れてしまうこともあるので、ハンカチとティッシュは、最低限の持ち物として持ち歩いている人も多いと思います。 しかし、最近は、手洗い後の乾燥機なども充実していますし、トイレとは別に、メイクアップ用のスペースが設けられているデパートやショッピングモールも多いので、日ごろから持参していない人も多くいます。若い方は特にそういう環境になれているので、持ち歩いていない人がおおいのです。しかし、まだまだそういう設備がなされている場所は少ないですし、たとえば、外食中に料理が服についてしまった・・などのいざと言うときに、サッとハンカチやティッシュを出すことができれば、周りも頼りになると、感心されるでしょう。ハンカチやティッシュのほかに併せて持っておいたほうがいいものは、絆創膏やタブレットですね。絆創膏は、いざと言うときの怪我に対応できますし、タブレットは、にんにく料理など香辛料の強い料理の後に、効果的です。もし、自分が持っていなくて、友達が持っていたら、女子力の高さを感じます。

美容家電でダイエットを目指す

今までたくさんのダイエット方法が紹介されてきました。そのたびに多くの人がその方法を試し、途中リタイアしたり、リバウンドして、また別のダイエット方法に飛びついたりしてきました。

食事制限や単一食品でのダイエット、サプリメント、断食などで体をいじめるようなダイエット方法があまり効果がないことがわかってきています。

EMSのような家電による筋肉の増強や筋力アップは、余分な脂肪を筋肉に替え、結局はダイエットにつながることがわかっています。
脂肪は筋肉がなければ消費しないのですから、まず筋肉を増量、増強しなければいけません。

また、美容家電でダイエットに成功するためには、マシンだけに頼っているのも問題です。ファストフードや油っこいものばかり食べて美容家電を使用していても効果はあまり期待できません。

楽をしてダイエットをするといっても限度があります。美容家電を使い続ける意志の強さとともに、適度の運動ときちんとした食事を摂ることも大切なダイエット成功への道なのです。

骨盤周りの筋肉エクササイズをするなら、「スリム デ ボーテ」がいいでしょう。

ワイド3Dフィット設計になっていてほぼどんな体型の方にもフィットします。産後、骨盤がゆるんでウエスト周りに脂肪がついてしまった方などにも人気が高いマシンです。

また、加齢とともに筋肉が減少して腰痛などに悩まされている方が、スリム デ ボーテで、弱った筋肉を鍛え、腰痛の改善もできて、ボディラインもスッキリできたという口コミが見られます。

ガッツリと筋肉を付けたいという方には物足りないかもしれませんが、EMSで骨盤を支える筋肉を効率的にバランスよく引き締め、女性らしいスリムなボディを目指します。

電源は単4の乾電池2本。付属のゲルパッドは交換する必要があります。
シート部は約1㎜の薄型ですから、服の中でも目立ちにくく、ながらトレーニングにピッタリです。

本体・保管用シート2枚・ゲルパッド4枚・単4乾電池2個・替えゲルパッド8枚がついて、16,200円(税込)です。

ミネラルファンデのカバー力について

肌トラブルを上手く隠して美しい肌に仕上げるためには、カバー力の高いメイクアイテムを活用する必要がありますが、カバー力の高いタイプの製品の多くは、油分が多く含まれている場合があるので、しっかりメイクをするためにはメイクオフもきちんと行う必要があります。

ただメイクオフに効果的なクレンジングは短時間でメイクを落とすことが出来るメリットがある反面、肌のバリア機能も破壊してしまう恐れがありますので、カバー力の高いメイク用品やしっかりメイクが落とせるクレンジングを毎日使用するのを躊躇してしまう敏感肌の女性が増えてきています。

そこでカバー力はしっかりあるのに、肌への負担が少ないとして注目されているミネラルファンデーションを利用する方が増えてきています。ミネラルファンデーションはその名前の通りにミネラル成分を利用したファンデーションの事で、自然由来の鉱石を細かく粒子状にしているので、肌に直接乗せると光の反射により肌のくすみなどを上手くカバーすることが出来るメリットがあります。

またカバー力の高いメイク製品に多い油分が殆ど使用されていないので、メイクオフの場合には専用のクレンジングオイルなどを利用する必要が無く、普段通りの洗顔石鹸や洗顔フォームだけで十分にメイク汚れを落とすことが出来るようになっています。

使用方法はとても簡単で、肌を洗顔して清潔にした後は普段通り化粧水や乳液などで肌を整えます。そして肌の上にブラシでミネラルファンデーションを適量乗せて、均等に肌に乗せていくだけでナチュラルなのに肌色が明るい肌に仕上げることが出来ます。

化粧下地を利用する必要が無く、ミネラルファンデーションの中にカバー成分や保湿成分、SPF・PA対策が出来る製品が増えてきていますので、夏場の使用も安心して利用する事が出来るようになっています。またメイクを直す場合は脂取り紙で肌のテカリを抑えてから、化粧水と乳液で保湿をしてからミネラルファンデーションを乗せるようにすると綺麗にメイクを直すことが出来ます。

EMSマシンでダイエット

ヤーマンのEMSマシン「ビューティーコア」は医療メーカーと共同開発した美容家電です。

ビューティーコア30分使用で、腹筋運動470回分の効果を得ることができるとされます。自力の腹筋運動を毎日30回頑張ったとしても、470回に達するには15日以上かかります。15日分の腹筋運動を30分でできてしまうのですから、その効果はすごいことになるはずですね。

しかもビューティーコアはインナーマッスルまで到達刺激する40,000Hzの高周波です。腹筋を頑張ってもお腹まわりがあまり変化しないのは、内臓を支える筋肉が衰えて下垂してしまっているからです。インナーマッスルを鍛えなければ根本的な改善はできません。

ビューティーコアなら鍛えずらいインナーマッスルからアウターマッスルまで同時に鍛えることができ、ボディラインも美しくなれます。
出力をランダムに変化させるので、刺激に慣れてしまうことなく効果的で効率のよいトレーニングを続けられます。

さらに「ビューティーコア」には顔用パッドもありますから、全身に使用できます。

本体・ホディ用パッド・フェイス用バッド・ホディ用ジェルシート1組・フェイス用ジェルシート1組・パッドホルダ2個・ACアダプター・携帯用ポーチがセットになっていて、お値段55,239円(税抜)です。

トレリートEM300

東レが販売している「トレリートEM300」はEMSマシンの中でも特に小さく、コンパクトなのが特徴です。
本体サイズは121㎜×60㎜×25㎜で、約150g。ポケットにも入り小さなバッグにも入るので、じゃまになりません。
電源も単4乾電池3本ですから、携帯するにはとても便利です。

バスト・腹部・二の腕・背中・ヒップ・太もも・ふくらはぎなどに効果があります。
タイマーは30分、45分、60分を選べます。2つのモードがあり、出力の調整ができます。

本体・接続コード2本・粘着パッド2セット・単4乾電池3本で、51,222円(税込)です。

脂肪燃焼効果があるコーヒー

毎日何気に飲んでいるコーヒーですが、このコーヒーにも実は脂肪燃焼効果があるのです。実際に実験で内臓脂肪が減ったことが証明されているのです。コーヒー好きには耳寄りな情報ですね。

コーヒーというと飲むと眠れないとか、逆に朝起きに飲むと意識がはっきりすると言う人がいます。これはコーヒーに含まれているカフェインの影響です。これをどう活かすかによって、メリットになったり、デメリットにもなります。有効な利用をすればいいのです。そのカフェインには、脂肪分解酵素の働きを活性化する効果があるのです。これが内臓脂肪を減らすために大事なところです。

またカフェインには、血管拡張作用がありますから、血液の循環が良くなります。そうなると代謝がアップします。そうなることで脂肪燃焼も進むのです。まだまだコーヒーには魅力があります。コーヒーに含まれている成分の「クロロゲン酸」に注目してください。この成分は摂取する脂肪と体内に溜まっている脂肪の両方の燃焼を促進してくれる働きがあります。

ですからこの「クロロゲン酸」を摂ることで、内臓脂肪は減りますし、脂肪肝の人にも効果があるのです。また「クロロゲン酸」は糖尿病の原因になってしまう糖の合成も抑制することができると言われています。コーヒーは健康にも良いのです。ただ飲み過ぎには注意してください。飲み過ぎて逆に脂肪を蓄積することになってしまいます。適量を毎日飲むことで内臓脂肪燃焼効果と健康に良い影響を与えてくれるのです。

内臓脂肪の特徴は、まずは男性に溜まりやすいものであり、いろんな成人病の原因になること。そしてその脂肪分は体に付きやすく、また落ちやすいということが挙げられます。またこの脂肪分の役割と言うのは、脂肪で内臓をカバーすることと筋肉を動かすときのエネルギーとなることです。ですから大変重要な成分とも言えるのです。

しかし最近の特に成人男性にはこの内臓脂肪が多く溜まり過ぎている傾向にあります。そうなると前途のようにいろんな成人病にかかる可能性を高めてしまいますから、落とす努力が必要になってくるわけです。あなたは内臓脂肪がどれくらいあるのでしょうか。職場の健康診断では検査項目のひとつで「メタボリックシンドローム」の検査が増えましたから、そこでわかりますね。

また体脂肪計などで確認すると簡単にわかります。この内臓脂肪というのは、体の中側につくものですから、痩せている人など気づかないケースが多いものです。これを「隠れ肥満」と言います。外見ではわからばいのに、体内にはしっかりと内臓脂肪がたくさん蓄えられてしまっているのです。そこで体重計と共に体脂肪が計れるものが最近は販売されていますから、家に1台用意しておくとをお勧めします。さて、この内臓脂肪を落としていくことが成人病予防の観点からも大事になります。メタボのかたはもちろん、隠れ肥満の方も脂肪を燃焼するために、日々努力をしましょう。

冒頭で述べましたがこの内臓脂肪は、体に付きやすいものですが、また落ちやすいという特徴を持っています。頑張れば直ぐに結果が出ますから日々努力していきましょう。効率よく燃焼させて落していくために、食事内容の改善、有機酸素運動の2つに注目しましょう。ダイエットだからと食べないようなことをするのは逆効果です。毎日の食事はバランス良く取ることが大事です。その中で動物性脂肪分は控えていくのです。こうすることで体の代謝が促進されるようになっていきます。それプラス
適度な運動をすることで代謝が更に上がっていきます。食事と運動、この2つを続けていくことで、確実に内臓脂肪は燃焼され、減少していくことでしょう。

脂肪燃焼のための食事

内臓脂肪が多すぎると言う人は成人病の予防として減らす努力が必要です。多くの成人病の原因と言われている内臓脂肪ですが、付きやすく落としやすいと言われていますから、普段から気を付けていけば次第に落としていけます。ここでは食事の面から内臓脂肪に効果的と思われる事を紹介しましょう。

まずは食べ過ぎないことです。よく食事は腹八分目が一番と言われていますが、正にそうです。特に現代人の食事は昔と違い動物性脂肪分が多く含まれています。沢山食べることで、脂肪分も沢山摂取してしまうのです。まずは食べ過ぎないことです。また同時に早食いにも気をつけるようにしましょう。ゆっくり咀嚼することで、速めに満腹感が得られますから、結果的に食事量が減っていきます。次に積極的に食べてもらいたいものがあります。内臓脂肪を蓄えてしまう人は大抵肉類が好きなようです。肉は控えて、青魚を積極的に食べるようにしてもらいたいのです。

青魚は生臭いと敬遠する人が少なくありません。しかし、その成分、特に青魚の油には大変人間の体に良いものが含まれているのです。「オメガ3系」と言われる良質な油で、この成分は魚油の他、エゴマ油、アマニ油などに含有されています。なかなか食卓では摂ったことのない食物ばかりかも知れませんね。また青魚は苦手な人もいることでしょう。そんな人にはサプリメントがお勧めです。もちろん生臭さもありませんし、タブレットですから、どこでもいつでも飲むことができます。不規則な食習慣の忙しい方には特にサプリはお勧めしたいところです。肉の油ではなく魚の油こそ大事であることを理解してください。この他、注意したいことは、我々日本人の主食であるお米などの炭水化物です。よくダイエットをしている人で、炭水化物を極力摂らないような人がいますが、これはお勧めできません。なにかと敬遠されている炭水化物ですが、実は体にとって大切な栄養分です。

ただ沢山とってしまうと肥ってしまいます。効果的に摂取する方法を紹介しましょう。それは冷やすことです。冷やすことで炭水化物は食物繊維と同様な特性を持つことになるのです。食物繊維ですから、腸内環境を整えることができる栄養分となるのです。これは注目すべき事ですね。ですから毎日食べている炭水化物の食材を使って工夫して料理をすればいいのです。冷やすようにして献立を組みましょう。夏場は簡単でしょう。冬などの寒い時が難しいかも知れませんね。たとえばご飯ならば寿司めしにすれば美味しく食べれますね。ちょっとした工夫をしてみましょう。

このような毎日の食事を気を付けて生活することで内臓脂肪は燃焼できるのです。

脂肪を落とすために有効な有酸素運動

内臓脂肪が必要以上に多い事が様々な成人病の原因と言われています。この内臓脂肪は付きやすく、且つ落としやすいという特徴がある脂肪分です。もしも健康診断で、内装脂肪が多いと結果が出たならば、この脂肪を落とす努力をしましょう。それが成人病予防に繋がります。内臓脂肪は食事内容と運動で落ちてきます。ここでは運動について詳しく紹介しましょう。内臓脂肪を落とすため、運動は重要です。そこで何でもいいから運動をすればいいのかというとそうではありません。効果的に、効率よく落とすためには、注意が必要です。需要なのが、有酸素運動です。負荷をかけて多くの力をかけてする運動ではありません。

また短距離走のような、いきなり高い心拍数と瞬間的なスピードを上げる運動でもありません。有酸素運動は、長い時間、比較的ゆっくりとした動作を続ける運動で、心拍数を上げ続ける運動です。代表的な運動がジョギングでしょう。かるいランで、速く走るわけではなく、長くゆっくりと走ることが重要です。けしてスピードが大事なわけではありません。高齢の方や今まで運動をしてこなかった人にはウォーキングをお勧めします。
ウォーキングなら簡単に始められるのでないでしょうか。必要とされる道具も場所も必要ありませんね。いつでも誰でもできる運動です。中には歩くだけで運動になるのか、と疑問に思う方もいることでしょう。では実際にウォーキングがどれくらいの運動効果があるのか解説していきましょう。ゆっくり

ウォーキングを1時間行った場合、カロリー消費量は、200kcal~300kcalです。これは歩く速さや、歩くフォームなどにより違いが出てきます。また歩くコースに坂道があれば当然違ってきます。さて、内臓脂肪を1kg落とすのにはどれくらいのカロリーが必要なんでしょうか。それは約6000カロリーが必要だと言われています。なので、毎日1時間ウォーキングを続けた場合、単純に計算すると内臓脂肪1kは燃焼してしまうことになります。これはあくまで机上の計算式から出た答えです。人間の体はこんなに単純ではありません。

毎日ウォーキングすることで筋力がアップしていきます。また歩き続けていくことで代謝量がアップしていきますから、歩くほどに脂肪の燃焼率も上がっていくのです。ですから最初の10日間より1か月経った頃の脂肪燃焼率は違いますから、ウォーキングを日々続けた方が内臓脂肪は落ちやすくなるというわけです。またウォーキングはカロリー消費ができるだけではなく、デトックス効果もアップしていきますから、体にも大変良いのです。ただし注意が必要です。内臓脂肪の燃焼は、ウォーキングなどの有酸素運動を始めて20分以上経ったころから始まるのです。

20分以内で止めてしまったら内臓脂肪の燃焼はまったく起きないのです。極端な話、週末に時間があるからと、1時間以上のウォーキングするよりも、毎日30分弱でも続けていくことが内臓脂肪燃焼には有効なのです。
メタボの方はこの原理を理解して効率的に内臓脂肪を落としていきましょう。

キャビテーションをダイエットに役立てるという方法をとる女性もいます。