脂肪燃焼のための食事

内臓脂肪が多すぎると言う人は成人病の予防として減らす努力が必要です。多くの成人病の原因と言われている内臓脂肪ですが、付きやすく落としやすいと言われていますから、普段から気を付けていけば次第に落としていけます。ここでは食事の面から内臓脂肪に効果的と思われる事を紹介しましょう。

まずは食べ過ぎないことです。よく食事は腹八分目が一番と言われていますが、正にそうです。特に現代人の食事は昔と違い動物性脂肪分が多く含まれています。沢山食べることで、脂肪分も沢山摂取してしまうのです。まずは食べ過ぎないことです。また同時に早食いにも気をつけるようにしましょう。ゆっくり咀嚼することで、速めに満腹感が得られますから、結果的に食事量が減っていきます。次に積極的に食べてもらいたいものがあります。内臓脂肪を蓄えてしまう人は大抵肉類が好きなようです。肉は控えて、青魚を積極的に食べるようにしてもらいたいのです。

青魚は生臭いと敬遠する人が少なくありません。しかし、その成分、特に青魚の油には大変人間の体に良いものが含まれているのです。「オメガ3系」と言われる良質な油で、この成分は魚油の他、エゴマ油、アマニ油などに含有されています。なかなか食卓では摂ったことのない食物ばかりかも知れませんね。また青魚は苦手な人もいることでしょう。そんな人にはサプリメントがお勧めです。もちろん生臭さもありませんし、タブレットですから、どこでもいつでも飲むことができます。不規則な食習慣の忙しい方には特にサプリはお勧めしたいところです。肉の油ではなく魚の油こそ大事であることを理解してください。この他、注意したいことは、我々日本人の主食であるお米などの炭水化物です。よくダイエットをしている人で、炭水化物を極力摂らないような人がいますが、これはお勧めできません。なにかと敬遠されている炭水化物ですが、実は体にとって大切な栄養分です。

ただ沢山とってしまうと肥ってしまいます。効果的に摂取する方法を紹介しましょう。それは冷やすことです。冷やすことで炭水化物は食物繊維と同様な特性を持つことになるのです。食物繊維ですから、腸内環境を整えることができる栄養分となるのです。これは注目すべき事ですね。ですから毎日食べている炭水化物の食材を使って工夫して料理をすればいいのです。冷やすようにして献立を組みましょう。夏場は簡単でしょう。冬などの寒い時が難しいかも知れませんね。たとえばご飯ならば寿司めしにすれば美味しく食べれますね。ちょっとした工夫をしてみましょう。

このような毎日の食事を気を付けて生活することで内臓脂肪は燃焼できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>